福岡県弁護士会[筑豊部会]TOP › 法律相談事例 › 交通事故の法律相談

交通事故の法律相談Traffic accident

交通事故

あなたが不幸にして交通事故に遭ったとき、弁護士が加害者あるいは保険会社との交渉をいたします。

交通事故Q&A

交通事故で後遺障害が残ってしまったが、加害者側の保険会社からの賠償額提示が本当に妥当な金額か判断が付かない
事情をお聞きし、過去の例から見て、妥当な損害の目安を説明いたします。又、加害者側の保険会社社員と、本人に代わりに交渉します。
交渉で話が付かない場合は、正しい金額が支払われるように裁判を起こし、請求します。
弁護士に頼むと費用がかかりますか?
かかります。
弁護士は、相手方に対し、法的にみて請求できるものは請求し、相手方の不当な主張については反論し、被害者の損害を正しく回復します。その結果、本人で交渉する場合より賠償額が高くなることが多く、そのための意味がある費用とお考え下さい。なお、自動車任意保険に弁護士費用特約がついていれば、保険金で弁護士費用が出ますので、費用の心配は特にございません(ただし、保険金には上限がありますのでご注意ください。
弁護士以外にも交通事故の相談をしている所があるようですが、弁護士に頼む意味はありますか?
特に請求金額が140万円を超える場合、相手方を交渉ができるのは弁護士だけであり、裁判所で当事者の代理人となることができるのも弁護士だけです。こういった点でも、弁護士に頼む意味があります。

ページの上部へ戻る▲