離婚問題Divorce problem

離婚問題

夫婦の結婚生活は円満に続けばなによりですが、不幸にしてうまく続かないことがあります。その場合の離婚の成否、離婚の条件(親権、財産分与、養育費など)の問題を、業務として取り扱います。

離婚問題Q&A

弁護士に依頼すると、どのようなことができますか?
  • 代理人として、配偶者との交渉を行います。交渉で話がつかない時は調停を申し立てます。調停が成立しない場合には訴訟を行い、離婚が成立するように進めます(反対に、訴訟を起こされた方の代理人に就くこともできます)。
  • 離婚が成立した場合に派生して生じる、慰謝料請求、財産分与、親権獲得、養育費、面会交流、年金分割といった請求を、手続きに合わせて行います。
【case1】配偶者が不倫が原因で、離婚をしたいが、相手が話し合いに応じてくれない。
  • 相手が離婚の話し合いに応じない場合に、離婚をするための手続き、内容(調停、裁判など)を説明いたします。
  • 配偶者が不倫をしたという場合には、裁判となった場合に必要な証拠の内容を説明いたします。また、状況をお聞きし、慰謝料のおおよその目安についての意見をお伝えします。
【case2】養育費の取り決めをしなかったため、お金がもらえず、生活に困っている。
相談者と相手方の収入額をお聞きし、どのくらいの金額が養育費として妥当か説明いたします。
裁判所の手続き(調停、審判)を使って養育費を取り決める方法の概要を説明いたします。(手続きの代理を弁護士に頼むことも可能です)

ページの上部へ戻る▲